株式会社 農業経営研究所0466-53-8755
農家様
営農指導業務内容
何故当社指導農家の経営が安定するのか
食品関連企業様
自治体の遊休農地担当者様
施設事業部(ナチュラル水耕栽培)
コンサルティング作業内容
指導契約農家と生産品目
シマミミズ
ミミズコンポスト
キャノワーム販売
家庭菜園用堆肥(ミミズ ふん粒)
 竹炭(バイオ 炭)販売
トラクター爪
ニームオイル、カテキン
これまでの業務実績
公演内容
会社概要
メール
ホームに戻る
自立した農業経営を志向する農家様「流通から経営までを徹底支援させていただきます!」
これからの農業経営に必要な事

(1)農家の生産されておられる商品の顧客ニーズの掘り起こしをします。

       ↓

(2)その商品の市場規模を判断します。

       ↓

(3)商品形態の把握 (地域によって規格が異なるため)及び当社業務提携販売先その他との調整をします。

       ↓

(4)商品価値を決定します。 (値段)(土作り生産方法へのこだわり、生産履歴の作成、原価計算表での数字的根拠、当社業務提携販売先ニーズ、消費者ニーズ、)

       ↓

(5)商品販売方法(収益構造)
上記(1)〜(4)を踏まえた中で以下に掲げる販売方法で、適正なものを選択します。

具体的販売方法 当社業務提携先との契約栽培、スーパーでの直売コーナー、インターネット販売、通信販売による宅配、引き売り、自分で直売所経営、当社指導農家の農産物の無いときに農産物を提供するバーター取引 (北海道と九州、熊本と長野その他)、その他。

上記のプロセスを継続することでの成功例

1)契約栽培の場合  (当社提携食品企業)との信頼関係が安定し、他の商品の生産要望や消費需要が出てくることで、農家所得が安定すると同時に増加します。

2)スーパーでの直売所の場合(1店舗だけでなく系列店からの要望が出てくる)

3)通信販売、インターネット販売の場合、季節商品期間限定というテーマでスタートしますが、直接顧客が開拓できるため、その顧客の要望を把握していくことで商品アイテムが増えていきます。

4)ひきうり、自分での直売所経営の場合

顧客の囲い込みが可能になるため、宣伝の仕方で顧客が増えていきます。

5)農産物の無い時期に、商品を送付する。

単純に市場を通さ無いというだけで、鮮度のメリットによる、商品価値が単価に反映されるのと、他産地との提携による新しいビジネスが可能となります。 (人材派遣、共同仕入れ、商品開発、各々の顧客の情報交換、及び囲い込み)

具体的、実践的な事業計画

当社指導農家さんにヒアリングをすると、相場で売り上げが安定しない時に比べて、生産計画、販売計画が予測できることで、自分たちが考える時間が増え、将来ビジョンが語れるなど前向きな意識改革が起こりました。

次の展開はやはり、会社として法人になって農業を安心・安全・安定という 3つの柱で自分たちの顧客に農産物生産メーカーとしての商品を自信をもって提供していきたいという前向きな意見が活発化します。

当社としては、農家の意識改革 (相場で振り回されない、契約という約束を守る、生産方法での嘘はつかない、商品に自信をもつ、前向きに取りくむ)ということを会社設立からずっとこだわってきました。

上記のプロセスをふまえることで、今日もまた成功している農家が生まれていると確信しています。

 

Copyright(C)2004 nogyo keiei kenkyujo All Rights Reserved.