株式会社 農業経営研究所0466-53-8755
農家様
営農指導業務内容
何故当社指導農家の経営が安定するのか
食品関連企業様
自治体の遊休農地担当者様
施設事業部(ナチュラル水耕栽培)
コンサルティング作業内容
指導契約農家と生産品目
シマミミズ
ミミズコンポスト
キャノワーム販売
家庭菜園用堆肥(ミミズ ふん粒)
 竹炭(バイオ 炭)販売
トラクター爪
ニームオイル、カテキン
これまでの業務実績
公演内容
会社概要
メール
ホームに戻る
コンサルティングのための作業内容
コンサルティングをするにあたっては、まず現在おかれている問題点を整理することからはじまります。
問題点の整理

当社に依頼する内容の明確化

すすめるにあたっての予算が決定

依頼内容及び地域性、予算、人等を念頭に入れながら、
生産・加工・流通・販売・商品開発・市場調査・販売方法という大きく分けて7つの方面から、検討をしていきます。

これまでの当社へのさまざまな依頼内容の代表例
農家から
生産について

  1. 種会社を紹介して欲しい。
  2. 原価計算表を作成して欲しい。
  3. 栽培暦を作成して欲しい。
  4. 堆肥が欲しい。
  5. 出荷作業だけのパート人員を紹介して欲しい。
  6. 農機具を買うための情報が欲しい。
    農機具を売りたい。
農地

  1. 後継者がいないので、今後農地をどのように活用していいかわからない。
  2. 農地を有効活用したい。
  3. 農地を借りたい。
組織化

  1. 組織をつくって契約栽培にチャレンジして経営を安定させたい。
  2. 法人化して取引先との信用をつけたい。
加工

  1. 規格外品を加工品にして、売上を上げたい。
  2. 冷蔵庫を購入したい、集出荷施設をつくりたい。
販売

  1. 経営を安定させたいので、販売先を紹介して欲しい。
  2. 契約栽培をしたい。
事業

  1. 売上が安定してきたので、事業化するための経営計画を建てて欲しい及び助成金が欲しい。
  2. 冷蔵庫を購入したい、集出荷施設をつくりたい。
  3. 直売所をつくるにあたっての事業計画、経営計画を作成して欲しい。
  4. 観光農園をすすめるにあたっての市場調査をして欲しい。
  5. 補助金を取得するための資料を作成して欲しい。
企業
生産

  1. 農地を借りたい
  2. 生産履歴を書いて欲しい
  3. 法人化したい
  4. 契約栽培及び農家を紹介して欲しい。
加工

  1. 助成金が欲しい
  2. 規格外品の商品化及び販路開拓
販売

  1. 販売先を紹介してほしい
  2. 効率のいい販売方法を調査して欲しい。
事業

  1. アンテナショップを展開したい
  2. インターネット販売をしたい
  3. 商品開発を考察したい。


具体的方法
具体的には、依頼内容ごとに、当社の業務提携をしている生産部門・加工部門・流通部門・販売部門・市場調査部門・商品開発部門・販売部門・上記に付随する設備・機械部門等の専門家から必要なメンバーを入れてプロジェクトチームを編成し対応をしていきます。
依頼内容決定

予算が決定

プロジェクトメンバー編成
専門テーマ一覧
テーマ 専門分野
営農指導 施肥設計、作業工程表作成、生産履歴作成、原価計算作成
土壌診断 原子吸光分析器によるミネラルも含めた分析
施設園芸 養液土耕栽培、施肥・潅水自動制御システム
生ゴミの飼料化 こうじ菌活用による飼料化
堆肥づくり ミミズによる堆肥づくり(学校給食残渣)
低コスト堆肥プラント(畜産用廃棄物)
剪定材を活用した堆肥づくり
自走式粉砕機(切株、間伐材)
資材 ステビア資材
加工 鮮度保持と食味向上の氷温貯蔵
大豆加工(粉、湯葉、おから、豆腐、豆乳)
特許取得 単細胞化技術を活用した
農産物加工(健康食品)
販売 食品販売関連企業22社
(給食会社2社、生協3社、食品企業4社、外食企業2社、スーパーマーケット4社、市場仲卸1社、その他6社)
イベント 地球元気村(都市農村交流)
間伐材 調質乾燥処理施設、三角トラスト工法
農業機械 機械メーカー
鯉渕学園及び当社指定農場(埼玉県小川町)
低温倉庫 冷蔵・冷凍海上コンテナ
商品開発 原料規格・デザイン・パッケージ
販売方法 インターネット販売
ホームページ作成、SEO対策、ネットマーケティング
   
市場調査
顧客の掘り起こし、アンケート、面接、広告宣伝
チラシ作成、キャッチコピー作成
   
店舗販売
商品構成、売上計画、販売計画
助成金と公的支援 経営革新、中小企業新事業活動促進法その他
上記のさまざまな分野のエキスパートから選抜されたメンバーで組織されたプロジェクトチームによって、どのようにすれば成功するかを提案します。
   
事業費および費用対効果を明確にして、
戦略と戦術を明確にしたレポート作成。

当社のレポートを具体化したいとなった段階で事業化に入ります。

 

Copyright(C)2004 nogyo keiei kenkyujo All Rights Reserved.