株式会社 農業経営研究所0466-53-8755
農家様
営農指導業務内容
何故当社指導農家の経営が安定するのか
食品関連企業様
自治体の遊休農地担当者様
施設事業部(ナチュラル水耕栽培)
コンサルティング作業内容
指導契約農家と生産品目
シマミミズ
ミミズコンポスト
キャノワーム販売
家庭菜園用堆肥(ミミズ ふん粒)
 竹炭(バイオ 炭)販売
トラクター爪
ニームオイル、カテキン
これまでの業務実績
公演内容
会社概要
メール
ホームに戻る
農業振興についての調査・計画策定業務

コンサルティングの内容
  1. ・農業振興計画
  2. ・都市農業振興計画
  3. ・農業振興地域整備計画
  4. ・人・農地プラン
  5. ・食育推進計画
  6. ・産業振興計画
  7. ・農産物直売所基本計画及び管理運営計画
  8. ・農産物6次産業化に向けての戦略策定業務
  9. ・耕作放棄再生利用計画
  10. ・農産物ブランド化に向けての調査、政策立案業務
  11. ・農産物マーケテイング調査

なお、これら以外のご注文・ご要望などにつきましても、なんなりとご相談ください。



弊社には、毎日 農林水産省、地方自治体、JA,農事組合法人、生産者農家、民間企業等さまざまな方から、相談及びコンサルティング依頼、問い合わせが来ます。
さまざまな依頼に対して、弊社は「問題解決」という視点で、クライアント様からの依頼に対応をさせて頂いております。
弊社が考える「問題解決」とは、起こった事象に対処するのではなく、「なぜその事象が起こったのか?本当はどうあればその事象が起きないのか?」という問題の本質まで掘り下げて解決することと認識して業務を請け負います。
例えば、弊社でアンケート調査の委託業務を請け負った場合、
@ アンケートの設問をつくることが目的ではなく、そのアンケートで何が出来るかを考察し、そこからみつけた価値ある分析結果を使って、どんなストーリーが描けるかまでおとしこまれていることが必要です。
A 問題設定と解となる領域を決める→課題を整理し構造化する→情報収集を行う→仮説を立てる→仮説を検証する→解決策(打ち手)を考える→解決策を実行する(誰に、何を、どのようにをいつも考える)
現状分析(事実)→その現状が何を意味するのか→その意味合いから何をするのかという思考で作業をすすめていきます。


自治体の遊休農地に関するお問い合わせフォーム ※印は必須項目です。
役所名※必須
担当者名※必須
電話番号※必須
FAX※必須
E-mail※必須
■遊休農地活用方策(1つお選びください)
活用方策※必須 菜の花のバイオエネルギー 集落営農 企業誘致
その他
■相談したい内容を具体的にご記入願います
具体的な相談内容※必須
■上記事業をすすめるにあたっての調査費を教えて下さい。
調査費の目安※必須
■その他、当社への希望、要望があればご意見ください。
希望、要望
■お送りいただいた連絡先へご連絡を差し上げてもよろしいでしょうか?(1つお選びください)
連絡※必須 はい いいえ
 ※送信後、内容控えが入力されたメールに送信されます。
Copyright(C)2004 nogyo keiei kenkyujo All Rights Reserved.