株式会社 農業経営研究所0466-53-8755
農家様
営農指導業務内容
何故当社指導農家の経営が安定するのか
食品関連企業様
自治体の遊休農地担当者様
施設事業部(ナチュラル水耕栽培)
コンサルティング作業内容
指導契約農家と生産品目
シマミミズ
ミミズコンポスト
キャノワーム販売
家庭菜園用堆肥(ミミズ ふん粒)
 竹炭(バイオ 炭)販売
トラクター爪
ニームオイル、カテキン
これまでの業務実績
公演内容
会社概要
メール
ホームに戻る
遊休農地の活用をご計画の自治体担当者様「単なる報告書づくりではなく、採算のとれる事業を前提にした、遊休農地の有効利用計画をご提案します」
農業経営研究所では、どんな計画づくりにおきましても、つねに以下の3点を基本にして立案しております。
1.農産物の選定にあたっては、実際の需要を見越したご提案を行っています

当社が業務提携を結ぶ食品関連企業様(外食産業・食品量販店等)が必要としていて、「販売先が約束されている農産物」であることが前提になっているわけです。
2.他所の事例をもとに、コストのかからない遊休農地の有効利用をご提案します。
  やはり当社が業務提携を結ぶ農業関連企業(種苗会社等)の協力を得て、多様な事例を参考に立案するので、低コストで最適な利用法をご提案できます。
生産者に満足のいく収益を約束できる計画をご提案できます。
  当社の指導農家が同じ農産物を作ったときの経験と経営指数を参考に、労働に見合った収益を上げられる計画づくりを進めます。
 
このように、すべてが根拠のある情報に基づいた計画立案ですので、なにを作って、どこに売れば、生産者の収益がいくらになるか、その実現のためにはどんな事業形態が効果的で、生産者としてはどんな意識改革が必要か。スタート前にすべてが明らかになっている計画づくりが可能なのです。

コンサルティングの内容
  1. 遊休農地の活用計画
  2. 経営構造対策地域農業マスタープランの作成
  3. 費用対効果(算定表様式)に関する資料作成
  4. 農業振興地域整備計画
  5. 市民農園整備計画
  6. 農村総合整備事業計画
  7. 農村環境計画
  8. 営農意向調査

なお、これら以外のご注文・ご要望などにつきましても、なんなりとご相談ください。


自治体の遊休農地に関するお問い合わせフォーム ※印は必須項目です。
役所名※必須
担当者名※必須
電話番号※必須
FAX※必須
E-mail※必須
■遊休農地活用方策(1つお選びください)
活用方策※必須 菜の花のバイオエネルギー 集落営農 企業誘致
その他
■相談したい内容を具体的にご記入願います
具体的な相談内容※必須
■上記事業をすすめるにあたっての調査費を教えて下さい。
調査費の目安※必須
■その他、当社への希望、要望があればご意見ください。
希望、要望
■お送りいただいた連絡先へご連絡を差し上げてもよろしいでしょうか?(1つお選びください)
連絡※必須 はい いいえ
 ※送信後、内容控えが入力されたメールに送信されます。
Copyright(C)2004 nogyo keiei kenkyujo All Rights Reserved.